一人ひとりのエコ活動あっての地球環境

一人ひとりのエコを考えた持続のある活動が自然を保護し、地球環境を保全して未来の子供達に託すことができます

一人ひとりのエコ活動あっての地球環境

一人ひとりのエコを考えた活動が地球環境を良くします

PAGETITLE
一人ひとりのエコを考えた持続のある活動が私たちが住んでいる地球全体の自然や環境を保護する事につながります。
エコを考えた活動は、大きくふたつに別けられます。
消費した後に排出されるゴミを減らすことと、限りある資源やエネルギーを節約して使うということです。

エコを考えた活動とは、難しく考えることはありません。日常生活の中で、できるエコはとてもたくさんあります。
使っていないパソコンやテレビや家電製品の電源を点けっぱなしにせずに、使わない時は電源を切るということもエコです。

限りあるエネルギーの消費を減らして節約をする事ができます。
買い物をした時もビニールを袋を貰うことなく、自分が持参した袋を使うことでゴミを減らすことにつながります。
出来る限り不用品になるようなモノや、ゴミが増えるようなモノを買わないということもエコです。

また、家庭から排出されるゴミも地域の排出方法に則って分別をすることも大切です。

燃えるゴミ、燃えないゴミ、そして資源ゴミをしっかりと分別して排出することもエコにつながります。

エコを考えた活動のなかにはリサイクルショップを利用するということも有効的な方法です。

誰かが使った後の中古品かもしれませんが、安く購入をする事もできますし、モノを再利用をすることができます。
モノを買って、使って、捨てて、また新しいモノを買うという大量生産、大量消費の時代は終わりつつあります。
今あるモノを大切に長く使うことも、結果的には限りあるエネルギーを節約することにつながります。
モノを生産する過程においてのエネルギーを節約することにもなりますし、生産過程で発生する二酸化炭素の排出を減らすということにもつながります。
地球温暖化、温室効果ガスの問題を考慮した活動ともなります。
自分たちの子供達に美しい自然、綺麗な環境、長く住める地球を引き継ぐためには、一人ひとりのエコを考えた活動が大切です。

そして、エコとは何かをしっかりと理解して生活をすることも重要です。